高級料亭の奥座敷だった料亭趣の和風宿

料亭だった叶家

大町温泉、旅館叶家は

長野県の信州大町温泉「叶家」は、昔東京にあったある高級料亭の別館のようなスタイルで建築された建物です。
当時は 財界や政界の多くの名の通った方々が、別荘のような感覚で料亭として利用されていました。
当時はまだこの周りにはこのような温泉街もなく本当に林の中に佇む高級別荘のような料亭でした。
よって玄関から始まり 中にある 装飾品などは当時のものが残されています。


叶家正面

長野県大町温泉叶家

平屋の建物ですが、趣のある玄関です。

飾り山車

飾り山車

玄関をはいると、当時のままをご覧いただけます。

由緒ある屏風

由緒ある屏風

館内にはすばらしい屏風が飾ってあります。

和風の好きな日本人はもちろんですが、多くの外国人の方々がいらしゃいまして、日本風情を楽しんで頂き、喜ばれております。

その昔、ここの林の中の一軒だけの高級料亭なんて信じられませんが、しかし実際にここにあった事は事実です。
しかし、隠れ場的の存在だったのでは? だからあまり人に知られない存在となり時代と共に忘れられたものかも知れません。


幸運のお地蔵さん

幸運のお地蔵さん

玄関前の庭園にはお地蔵さんが。
お参りをすると幸運を引き寄せると言われています。

玄関まえミニ庭園

玄関まえミニ庭園

横に川を見ながら橋を渡ると、風情が作られています。

旅館叶家

旅館叶家

叶家の斜め正面からみた建物です。
かっての料亭ですから静かな趣です。


二間続きの客室

二間続きの客室

皆様が喜んでご利用頂ているお部屋です。
部屋数に限りがございます。

獅子頭(御神楽)

獅子頭(御神楽)

先祖様より代々の獅子頭様でございます。
この獅子頭様は旅館にお越しになるお客様をいつも守って下さっております。

茶室

茶室

館内には、その先人が楽しまれた茶室がそのまま存在しております。
日本伝統的文化の「お茶」をたしなんだ建造物をご覧いただけます。

その後、大町温泉郷ができ、近隣には多くのビルタイプのホテルなどが建設され、営業を始められました。
当館は少しはずれですが、ひっそりと佇み、天然温泉でお客様に楽しんで頂き、かってここを利用した多くのの政界人、財界人が体験した、風情をご堪能下さい。


山車(飾り用)

山車(飾り用)

日本のお祭りには多くの山車が利用されます。
そんな山車を飾りにしたものです。かっての優雅な生活をしていた方が楽しんでのでしょう。
いまでもこれに皆様に楽しんで頂きたく花を飾ったり致します。

豪華な西洋風な椅子

豪華な西洋風な椅子

この19世紀、18世紀を思わせる西洋風なこの椅子に座り、先人たちはきっと話に花をさかせたのでしょう。

ミニ庭園

ミニ庭園

こちらは茶室前の風景です。茶室にはいる前のこの風情を楽しんだのでしょう。
優雅な人々の生活と楽しんだ様子が伺えます。


高ぞうり

高ぞうり

現代の女性は高いハイヒールを履きますが、ひと昔の女性たちはお洒落にこういった高いぞうりを履いたのかも知れませんね。
多分一部の人ではないかと思いますが。

菊池容斎の絵

菊池容斎の絵

このお絵は 菊池容斎歴史学者の絵でございます。
絵についてある落款は明治天皇の落款でございまして、天皇のもらったのはこの菊池洋裁先生ただ一人だそうでございます。

館内中庭の秋風景

館内中庭の秋風景

館内には中ほどに庭があり、それを囲むよう建物があります。
最初からの風情のそのまま残しております。


2間続き客室

ごゆっくりとお寛ぎ頂けます。

客室

ごゆっくりとお寛ぎ頂けます。

大食堂

テーブル席ですので、足が不自由な方でもご安心頂けます。


若女将

若女将

いつもご利用頂きありがとうございます。
心を込めておもてなしを心がけておりますのでよろしくお願い致します。
若女将です。

假屋崎省吾が玄関にお花を

假屋崎省吾が玄関にお花を

假屋崎省吾様監修の芸術。
まさに、秋にふさわしい素晴らしい芸術を誠にありがとうございました。自然の恵みに感謝申し上げます。本当にすばらしく圧巻です。

テレビで放映



テレビで放映されました。
ちょっとデータが悪くきれいに再生できませんが、雰囲気だけご覧ください。

以前、料亭として利用していましたが、営業者が老齢となり、現在のオーナーが譲り受け、その時代の遺産を引き継ぎ旅館として営業させて頂いております。


叶家の宿名の由来

旅館叶家の言われは、先代社長様が毎日毎夜午前2時45分に般若心経をあげに行っておりました。
高野山のご住職様から頂い旅館の名前が「叶家」でございます。
どうぞよろしくお願い致します。

駐車場

乗用車30台無料駐車場あります。
またマイクロバスなども駐車可能です。
大型観光バスの大型の場合はお手数ですが前もってご連絡下さるようお願い致します。

電話をかける